クリーニング店専門コンサルタントのブログ
クリーニング店専門コンサルタント株式会社マグネット 原田 誠のブログです。 クリーニング・コンサルタントの仕事やクリーニンググ店舗、趣味のランニングでの出来事などをクリーニング店様向けに語ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人を使うことの難しさ
先日の小山昇さんの本が良かったので
小山昇さんの本と今私が悩んでいる「人の問題」に焦点を当てて
昨日一気に3冊を読破
一日に3冊も読んだのは久しぶりなんで今日はちょっと脳がバテバテです(笑)






部下はなぜ、あなたをそんなに嫌うのか?部下はなぜ、あなたをそんなに嫌うのか?
(2012/07/12)
小山昇

商品詳細を見る




絶対に会社を潰さない強い社員の育て方絶対に会社を潰さない強い社員の育て方
(2011/06/24)
小山 昇

商品詳細を見る



部下を一人でも持ったとき読む本部下を一人でも持ったとき読む本
(2002/08)
小山 昇

商品詳細を見る



どれも私からすると「目からうろこ」のようなことが書いてあり
非常に勉強になりました。

どれか一冊となると
この3冊では上から順番に近著なので一番上の「部下はなぜ・・・」をおすすめします。
なぜなら著者は現役の社長ですので新鮮な情報ということになります。
内容も「部下が嫌う」ことにスポットを当てたわけでなく
「部下の育て方」について書かれています。

詳しくはアマゾンの感想欄を見て下さい。

今年は消費税率アップがありますが2月末までは暇でしょうから
読書などいかがでしょうか?

スポンサーサイト
勝ち続ける経営
今年の当社勉強会(ベンチマークミィーティング・店長会議)で強くお薦めしている本を紹介します。

マクドナルドの原田泳幸社長の本です。
世間での売れ行きはどうかしりませんが、
クリーニング店経営に非常に役立つ本だと思います。

DVC00028.jpg
【送料無料】勝ち続ける経営

マクドナルドは1997年から2003年まで店舗急増の弊害により既存店のマイナスが続きました。
それを立て直したのが原田社長です。

何をしたか・・・

・QSC徹底の繰り返し

QUALITY     クリーニングで考えると洗い・プレス・シミヌキなどの品質
SERVICE         〃     お客様の要望に応える接客、クリック対応などのサービス
CLEANLINESS     〃     綺麗な店舗、掃除の行きとどいた店内、工場


・8年間に6回の値上げ(値下げは一度もしていない)

・ビックマックを売るためにコーヒー100円に(クリーニング店のYシャツ⇒スーツの構図にそっくり)

・お客様のおっしゃることと実際の行動は全く違う
 (「どんな商品が欲しいか?」とアンケートすると「低カロリー」「オーガニック」などが上がるが実際に売れるのはクォーターパウンドバーガーなどといったボリュームのあるもの)
 
・差別化のために中身を変革することを続けていかなければならない

など参考になることが沢山書かれています。

行間も大きく読みやすいので、閑散期の読書にぜひお薦めします!

  





読書ネタ
最近戦国時代の歴史小説ばっかり読んでいます。

関西由来の著名な戦国武将の話もしっておかないといけないなと思い読みだしたのが始まりです。
「真田幸村」に「楠木正成」
大阪に住んでいるとよくそのお二人の活字を目にします。
でも余り詳しく知らなかったので読み始めました。


真田幸村―物語と史蹟をたずねて (成美文庫)真田幸村―物語と史蹟をたずねて (成美文庫)
(1995/09)
松永 義弘

商品詳細を見る



楠木正成―「大義」に生きた武将の実像 (PHP文庫)楠木正成―「大義」に生きた武将の実像 (PHP文庫)
(1991/05)
土橋 治重

商品詳細を見る


そこから「黒田官兵衛」へ

黒田官兵衛―秀吉も一目おいた天下人の器 (PHP文庫)黒田官兵衛―秀吉も一目おいた天下人の器 (PHP文庫)
(1996/06)
浜野 卓也

商品詳細を見る


私にしては珍しく司馬遼太郎氏の書籍を選ばないでいたら
「黒田官兵衛」を司馬遼太郎作で読みたくなり「播磨灘物語」を


新装版 播磨灘物語(1) (講談社文庫)新装版 播磨灘物語(1) (講談社文庫)
(2004/01/16)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


そして「斉藤道三」「織田信長」「明智光秀」を描いた「国盗り物語」を昨日読み終えました。

国盗り物語〈1〉斎藤道三〈前編〉 (新潮文庫)国盗り物語〈1〉斎藤道三〈前編〉 (新潮文庫)
(1971/11)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


何でこんなに戦国物を??
本とは面白いですね。読みたくなる本は今の自分の心情などを物語ります。

4年前に同じように「竜馬がゆく」や「坂の上の雲」など幕末~明治初期のものを読んでいたときは
丁度、CA試験を大阪に誘致しようとし大阪繊維商品めんてなんす研究会に基礎科を作ろうと奔走していたとき。
明治維新まで壮大ではないですが、創生期的な時期でした。

今回は・・・
当社クリーニング店舗のまわり半径700m以内に1年間で6店舗、
8年間で20店舗もの他社直営店が出来、毎日が戦国時代だから(笑)
戦国時代の伝記から勝ち抜くすべを学ばないとね。

さてさてちょっと戦国物は休憩して、
今日からは滋賀のM氏からいただいた掃除の本でも読みましょう。


でんかのヤマグチさんが「安売り」をやめたワケ
只今、当社クリーニング店舗では大手直営店の出店攻勢の煽りをもろに受け日々格闘しております。
商圏内に昨年3月に2店舗、昨年12月に1店舗、
本年6月に1店舗、本年8月に2店舗も出来ましたから・・・。

このような状況下にうってつけの本を見つけました。


でんかのヤマグチさんが「安売り」をやめたワケでんかのヤマグチさんが「安売り」をやめたワケ
(2010/11/15)
山口 勉

商品詳細を見る


町田市にあるパナソニック販売店の電気屋さんが商圏内に6店舗の量販店に囲まれたため、
売上主義から粗利益重視の戦略に変更、粗利益率25%⇒35%にする計画を立てる。
8年目で達成、ただし売上は22%ダウン(粗利益が高いため粗利益額はこの方が多い)

顧客を3分の1に削減(長期未来店客、値引き額を多い客、クレームの多い客を削除)

月次決算を「日次決算に変更」

毎週何らかのイベントを開催

「留守宅の植木の水やり」「旅行時にたまる新聞の受け取り」など本来の電気屋ではない
「裏サービス」の徹底によりお客様と信頼関係を築く

そうした結果、売上、利益が安定し、10年前に借金3億円だったのが無借金に。


ユニットショップオーナーや価格で勝負していない店舗の方はぜひ一読して下さい。
本の紹介
今日は、先日盛和塾大阪にて講演を聞いた宮田矢八郎士の著書を読んでいました。


理念が独自性を生む理念が独自性を生む
(2004/10/29)
宮田 矢八郎

商品詳細を見る


TKC経営指標に収録された約23万社の中から「優良企業」約6000社から回答を得たアンケートから生まれた実践的な知恵が明らかにされています。

例えば優良企業の高収益要因は
①高製品力 35.7%
②外部購入安 32.3%
③高生産性 20.0%
④低固定経費率 8.6%
⑤低人件費 3.5%

「経営理念あり」と答えた企業の平均経常利益は4900万円
「なし」と答えた企業の平均経常利益は2900万円

そして
経営理念は経営者の問題意識・能力・課題が社会のニーズと結びついたところで形成される。
経営者の内なる問題意識が社会との接点をもつにいたるまでの探究のプロセス、これが事業の独自性をもたらす。


など、非常に良い本でした。
この本は捨てずに長年キープです。


「女はなぜ突然怒り出すのか?」
先日、大阪繊維商品めんてなんす研究会の某講師の方から薦められた本を読みました。

女性スタッフがメインの当業界ですからこれは皆さん読んだ方が良いと思います。
当社では昨日クリーニング部門の男子社員にこの本の要約を伝えました。
(丁度土曜日の日本経済新聞の別紙にもこの本と似たことが書かれていました。)


女はなぜ突然怒り出すのか? (角川oneテーマ21)女はなぜ突然怒り出すのか? (角川oneテーマ21)
(2006/03/10)
姫野 友美

商品詳細を見る


「PMS(月経前症候群)」と呼ばれる月経前の女性のイライラや集中力低下などは
エストロゲンと言う女性ホルモンによる影響

女性の「話を聞いてほしい。」という相談に、
男性はすぐ改善策などの結論を提示するがそれは完全に間違いで
「うんうん」と最後まで話を聞いてあげるだけで女性は納得する。

男は左脳だけを使って言葉を操っているが女性は両脳を使って言葉を操っている
また女性はおしゃべりすることでストレスを発散している

など色々男にはためになる話が満載ですよ。

デフレの正体
「デフレの正体」~経済は人口の波で動く

取り敢えず皆さん読んでください。
内需相手の我が業界には戦慄を覚える内容です。


デフレの正体  経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)デフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)
(2010/06/10)
藻谷 浩介

商品詳細を見る

研心抄
稲盛和夫盛和塾塾長(京セラ名誉会長)の推薦図書である中村天風氏の「研心抄」を読み終えました。


研心抄研心抄
(1948)
中村 天風

商品詳細を見る


昭和23年発行の古い本ですが、未だに読み継がれている書籍です。

「肉体や心は自分ではなく、本当の自己=真我とは霊魂のことである」

普段から自己研鑽を積んでいらっしゃる方には納得できる内容ですが、
そうでない方には少し難しい内容です。






親鸞
2011年最初の読書は五木寛之「親鸞」上下巻

実家が浄土真宗であったためこの書は以前から読みたいと思っていた書籍です。
読み終えての感想は、「歴史小説」というよりは「小説」であるということ。
(架空の人物が描かれている)
普段小説は司馬遼太郎氏の歴史小説しか読みませんので、
そうした意味ではTVドラマを観ている感覚に近いものですね。

昨年司馬遼太郎氏の「空海が見た風景」を読みましたので、最澄が興した比叡山延暦寺天台宗から法然の浄土宗~親鸞の浄土真宗までの平安仏教の流れがよくわかりました。

親鸞 (上) (五木寛之「親鸞」)親鸞 (上) (五木寛之「親鸞」)
(2009/12/26)
五木 寛之

商品詳細を見る


お堅い本がお好きの方はパスされたほうがよいかもしれません。
ネガティブだなと思ったら
ブログネタに困っていたら、先ほど弊社スタッフT君が
「社長、ネガティブな自分が前向きになる本ないですか?」と聞いてきました。
(僕がブログネタに困っているのがわかっているか?! いい社員ですね~)

で、紹介したのがこの本。
実際、私が会社を興して2年目に起業の厳しさを痛感して毎日が憂鬱だった頃に読んで元気になった本です。


自分を変える魔法の「口ぐせ」―夢がかなう言葉の法則自分を変える魔法の「口ぐせ」―夢がかなう言葉の法則
(2003/03)
佐藤 富雄

商品詳細を見る


T君はそんなにネガティブと感じないのですがね。。。

六つの精進


六つの精進 DVD付 すばらしい人生を実現するために六つの精進 DVD付 すばらしい人生を実現するために
(2010/09/10)
稲盛 和夫

商品詳細を見る


すばらしい経営を行い、幸せな人生を生きることは、
けっして難しいことではありません。
この「六つの精進」を守りさえすれば、
むしろやさしいことではないかと、私は思います。

       著者:稲盛和夫

↑巻頭に書いてある言葉です。

この本には稲盛氏の講演DVDが着いていてます。
本を読まなくてもそれを聞いているだけでOKです。
集配時の車の中などで流して聞いているだけで心が高められます。

疲れない体をつくる免疫力
先日出張帰りの新大阪駅構内の本屋で買った本。

余程、疲れていたのか・・・タイトルに反応したみたい。(笑)


疲れない体をつくる免疫力 (知的生きかた文庫)疲れない体をつくる免疫力 (知的生きかた文庫)
(2010/08/20)
安保 徹

商品詳細を見る


疲れない体を作るには免疫力を高めなければならない。
免疫力を高める鍵は自律神経。
自律神経を整える方法は・・・。と続くが

ゴーストライターが加筆しまくった感のある本のような気がします。
やはり余程疲れていたのか、良書を選ぶ能力が欠如していたようです。(笑)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。