クリーニング店専門コンサルタントのブログ
クリーニング店専門コンサルタント株式会社マグネット 原田 誠のブログです。 クリーニング・コンサルタントの仕事やクリーニンググ店舗、趣味のランニングでの出来事などをクリーニング店様向けに語ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中小企業診断士試験
長らくご無沙汰をしておりました。

ここ1週間中小企業診断士試験の前のためずっと自宅に閉じこもって勉強していました。

月に4回の新幹線利用時間を何かに使えないかと思ったのが受験理由のひとつ。

東京月2回   往復5時間×2回=10時間
名古屋1回   往復2時間×1回= 2時間
広島1回    往復3時間×1回= 3時間
地下鉄通勤  往復40分×22回=約15時間
                  ひと月約30時間
                     × 5ヶ月  
                    約150時間

このように予定を立てたのですが・・・

20080731232110


7科目もあり、これでは足らずに最期に追い込みが必要になりました。 

試験は8月2日(土)、3日(日)の二日間。
最終3次試験までの合格率は3.8%。
難関ですが頑張ります。



スポンサーサイト
ベンチマークミィーティング
今日は岐阜でベンチマークミィーティング
西から東からクリーニング店経営者が10人集まって、
工場とお店のチェック。

080724けーき


今日の店舗と工場へ来たのは2年ぶりですが、
明らかに前回と違います。
2年前にここの経営者がされた決断の結果が、
ちゃんとわかるようになっていました。
いい意味でも、悪い意味でも・・・。


その後、夜には場所を移し懇親会。
その折に、予想もしなかったサプライズが・・・。

080724_こっちがけーき

メンバーの一人の方が私の誕生日(7/29)を覚えてくれていて、
バースデイケーキを頂戴しました~♪

参加の皆さん、ありがとうございました。m(_)m



クリーニング基礎講座(再掲)
さて、来月8月7日(木)より『クリーニング基礎講座』が始まります。
まだ少々席にゆとりがありますので再掲します。

----------------------------------------------------


昨年好評を得ました『クリーニング基礎講座』を今年も以下の通り開催する運びとなりました。
今年は昨年度より改良を加え、更に充実した内容のものを提供いたします。
店舗スタッフ、工場スタッフ、後継者の方などに最適の講義です。
来年の繁忙期直前までの長丁場ですがぜひご参加下さい。
 

【日程及び講義内容】
講義開始時間13時10分~終了時間16時55分です。

①8月7日(木) 『繊維の基礎1』  講師:住連木まさし先生
会 場:大阪産業創造館
内 容:綿・麻・羊毛など天然繊維について

②9月5日(金) 『繊維の基礎2』  講師:住連木まさし先生
会 場:大阪ドーンセンター
内 容:ポリエステル・ナイロンなど化学繊維について

③10月2日(木) 『繊維の基礎3』  講師:住連木まさし先生
会 場:大阪ドーンセンター予定
内 容:ボンディング加工、ポリウレタン製品などクレームに直結する製
品の特性について
※まとめ小テスト予定

④11月6日(木)『クリーニングの知識~ドライクリーニング』 講師:西山誠先生
会 場:大阪産業創造館
内 容:ドライクリーニングの長所、短所、汚れが落ちるメカニズムなど
ドライクリーニングの基礎的なことを学びます。

⑤12月11日(木)『クリーニングの知識~ランドリー』   講師:西山誠先生
会 場:大阪産業創造館
内 容:水洗い、ウェットクリーニングの長所、短所
洗剤、漂白剤などの特徴、ウェットクリーニングの注意点など

⑥1月8日(木)『クリーニングの基礎~事故を未然に防ぐには』 講師:西山誠先生
会 場:大阪産業創造館予定
内 容:ドライ、ランドリーの知識と繊維の知識を生かし、お客様に満足していただける品質のクリーニングをどう提供するか
    ※まとめ小テスト予定

⑦2月5日(木)  『接客~基礎編』  講師:山口順子先生
会 場:大阪産業創造館予定
     内 容:「接客の基本の笑顔 苦手な人ほどうまくなります。」
         やっぱりお客様も同僚も笑顔で接するのが基本です。

⑧3月5日(木) 『接客~指導方法編』 講師:山口順子先生
会 場:大阪産業創造館予定
内 容:クリーニングの知識をどう生かして接客するか
    新人教育するときに押さえておきたいポイントとは


【講師紹介】
●住連木まさし先生
 繊維製品品質管理士、有限会社品質情報研究所所長、繊維商品めんてなんす研究会(東京)専任講師、繊維製品品質情報誌『パンドラ』編集長
プロジェクターを使った最新クリーニング事故事例、アメリカやヨーロッパのクリーニング業界情報など繊維製品やクリーニング情報の講義内容は業界随一。
※当日は事故品相談可能です。

●西山誠先生
 繊維製品品質管理士、大阪市にて「クリーニングひまわり」経営、繊維商品めんてなんす研究会(大阪)専任講師
 クリーニング店経営の傍らクリーニング業者の目からクリーニングの基礎知識を教える講義内容は秀逸です。今回は昨年より1回多い3回の講義になりました。
※当日は事故品相談可能です。

●山口順子先生
 繊維製品品質管理士、足利市の「クリーニングエルザ」とクリーニング店専門指導会社『グリーンサービス』をご主人と共に経営、ご本人は接客指導専門講師として全国のクリーニング店を指導中。自社の接客ビデオを使った指導は参加者に「わかりやすい!」と大好評。


【会 場】
『大阪ドーンセンター』 大阪市中央区大手前1-3-49 
(地下鉄、京阪、『天満橋駅』下車5分)
『大阪産業創造館』   大阪市中央区本町1丁目4番5号 
(地下鉄『堺筋本町駅』徒歩8分)


●受講料(消費税込価格)
------------------------------------------------------
【A=フル受講コース】 定員30名
ユニットショップ店長、クリーニング業後継者、スーパーバイザー、直営店店長にお勧めします!
①~⑧連続受講     お一人  44,000円(1回当たり5,500円)

------------------------------------------------------
 
【B=繊維の知識コース】 直営店スタッフ、工場責任者・スタッフにお勧めします!
①、②、③         お一人3回 18,000円(1回当たり6,000円)

【C=クリーニングの知識コース】 直営店スタッフ、工場責任者・スタッフにお勧めします!
④、⑤、⑥         お一人3回 18,000円(1回当たり6,000円)

【D=接客研修コース】 ユニットショップ受付担当者、直営店スタッフにお勧めします!
⑦、⑧           お一人2回 12,000円(1回当たり6,000円)

※B、CコースはAコースから優先的にご案内いたしますので、お申し込みになられても受講できない場合があります。
※【D=接客研修コース】は来年早々にも再度募集いたしますが、Aコースと併せて
 50人程度と考えておりますので、応募多数の場合は受講できません。
※1回のみの受講は受付けておりません。
※参加者都合による欠席および中途キャンセルにおいては、講座費用の返却いたしません。

●応募について
下記アドレス宛てに
hadara@k-magnet.co.jp
「基礎講座案内希望」とお書き
 ・貴店名
 ・ご担当者名
 ・ご住所
をお知らせ下さい。追って案内を送ります。

●応募締め切り
7月31日(木)まで
あずかりくん7500 納品
ライト社のあずかりくんの納品&操作説明にきています。

080722_やまとやレジ161105

本店(2台連動)と支店分で計3台です。
合計6名の方に出席してもらい使い方の説明です。
今日の会社の方はとても覚えるのが早く、
とても楽チンで嬉しい。

1時間ほど説明したら、
説明を受けた方がもう他の方を指導されています。
日頃そういう立場の方は、覚えるのも早いのですね。

今日一番覚えるのが早かった方は、日頃ゲームが好きな方でした。
「ゲーム好きはレジを覚えるのが早い。」
この仮説は当っていそうです。
面接の折に「趣味ゲーム」の方は使えるかもですね。






同窓会
4年に1度の高校の同窓会に出席しました。

高校を卒業してはや30年!
久々に会った方には

 年商300億円の会社社長
 総合病院経営者兼内科医
 整形外科開業医
 脱サラして農家
 TV局ディレクター
 
など、多種多彩。
個人的には『内科医』『整形外科医』をキープできましたので、
身体不調とランニングによる故障時には安心です。(^^)v

が、今回のメンバーでもっと驚いたのが以下の二人

080720_月亭八天

落語家の月亭八天さん(月亭八方さんのお弟子さん)
ライブで落語を堪能させていただきました。

それともう一人

080720_山下泰

ブラウス&スカートの女装で現れたラグビーの仲間。
オッパイも少しふっくらして・・・。

こうした場で本来の自分の姿を現すのは凄く勇気がいることだと思います。
その姿勢は立派だと思います。(彼は元上場企業役員)




百貨店のクレーマー
今日は東京でめんてなんす研究会研究科の授業です。

M百貨店の試験室の方の授業でしたが、
最近百貨店でもクレーマーが凄く増えているそうです。

例えば売った商品に不具合があり
「何かのついでの時にお持ち下さい。」と答えたのに
「京都から来たので往復運賃をよこせ!!」と言ってきたり。。。

080718_テマ


昔はM社もどのようなお客様の要望も応えてこられたそうですが・・・
最近の理不尽なものには毅然とした態度で接しているとのこと。

バブルがはじけて消費不況になり、物が売れなくなりました。
その時に我々小売やサービス業のものは、一部で間違ったお客様への接し方をしてしまい
買って欲しいが為に「何でも致します。」といった態度をとり
「お客様は神様」扱いしたのが始まりではないかと思います。

これからもますますそうしたお客様が増えてくるように思います。
我々も毅然とした態度で臨みたいものです。

ミステリーショッパーズ
本日は名古屋でシャトルサービス会に出席。

当社とグリーンサービスさんが請け負った“ミステリーショッパーズ”の結果発表。


“ミステリーショッパーズ”というのは、
お客様の振りをした店舗調査員がクリーニング店に行き
「清掃状況」「接客」「サービス」「クリーニング後の品物の品質」などをチェックし、
第3者の目からクリーニング店を採点評価するものです。

080723_ミステリーショッパーズ

「あなたは このお店を また利用したいですか?」
最終的にはこの質問に対して調査員にYes Noの判断をしてもらいます。

今回40数店舗(弊社は約15店舗)させていただきましたが、
なかなか公平に見ていらっしゃるように思います。

今年はシャトルサービス会以外のクリーニング店にもこのサービスを利用してもらおうと思っています。
ひょっとしたら、急に弊社からあなたのお店に「ミステリーショッパーズ報告書」が届くかもしれません。


ライト あずかりくん7600 発表!
今日は東京でニックリさん、流通新聞社さんが主催する「テーマ展示会」に行ってきました。

その中でライト『あずかりくん7600』(これまでは7500)が発表になっていました。

20080716175712


外観、、タッチパネルの配置等は全て変わらず。

変わった点は、
・過去の履歴が3年保存に
・メモリーが512MBに
・ハードディスクが80Gになり、強化された。
・消費電力が1割ほど下がった
ぐらいのようです。

私個人的には、お客様を呼び出したら、
「必ずお知らせしないといけないCS情報が1番最初の画面に出てきて、
確認ボタンを押さないと受付入力できなくなったところ」です。
今まで通り普通にCS情報は使えるのですが、

●凄く細かいシミに注意しないといけないお客様に対して
「細かなところまでシミチェック必要」
●前回鍵がポケットの中に入っていたお客様に
「鍵をお渡しすること」

といった言葉が、レジ打ちの前に出てきますので
これまで以上にお客様に合わせた接客が出来ます。

尚、発売は再来週ぐらいから。
価格は従来と同じで、50万と55万円(サーマルプリンター、レジドロアー含む)

ちなみに先月まで残っていた7500シリーズの在庫はなくなったそうです。



日本は物価が安いなぁ…
20080715212429
今夜は一人東京泊です。

居酒屋で夕飯です。
写真のシーザーサラダ、バリなら12ユーロ(2000円)はしただろうな。
東京で600円!

日本人に生まれてよかった~(^0^)/
欧州視察③~ラグーン・トレーニングセンター
日本でも最近有名になってきたエレクトラックス社のラグーン水洗いシステムのトレーニングセンターに行きました。

s-ラグーン説明


こちらでは水洗いの指導のほかに、プレス指導もされています。
フランスでラグーンシステムを取り入れているお店のスタッフが1週間ずつこちらに来て研修するそうです。

ラグーンシステムの場合、スーツなども水洗いするので上着は人体、スラックスはパンツトッパーで“濡れがけ”はしますが、乾燥後は再び全てハンドアイロンです。

s-ラグーン教室


その後近くのモデル店舗へ
『PRESSING』の看板が目を引きますが、日本語に直すと『クリーニング』です。

s-ラグーン店舗


外の色使いやカッティングシート、店内マットと“水洗い”のイメージ作りに上手さを感じます。

s-IMG_0732.jpg



中はラグーンなので当たり前ですが・・・
ラグーンシステムの水洗機、人体、プレス機などが並んでいます。
伺ったときには1人運営でした。

s-ラグーン機械2


ことらのショップはあくまでモデルショップという位置づけのようでした。


欧州視察②~5aSec
5aSec サンカセックと読みます。

最初に訪問したのは、比較的新しいユニット店舗。

s-5aSec外観


80歳のおばあちゃんがやっていたクリーニング店の権利を買いオープンしたそうです。

価格は
s-5aSec料金


2.9€  シャツ類        493円(1ユーロ=170円なら)
4€   スラックス・スカート 680円 
5€   ジャケット       850円
6€   ブルゾン       1020円
7€   コート         1290円
5段階料金です。
ちなみにフランスではワイシャツというものはなく、全てハンドアイロンのシャツ仕上げです。

ランチのパスタ1人前が13ユーロ(水、サービス料別)でしたので、
1ユーロ=170円は高すぎます。パスタの値段からすると100円以下でしょう。

すると・・・
2.9€  シャツ類        290円
4€   スラックス・スカート  400円 
5€   ジャケット        500円 (スーツ上下900円)
6€   ブルゾン        600円
7€   コート          700円

「安売りの隆盛で個人店が潰れていった・・・」ことを考えるとこれぐらいに換算するのが妥当かもしれません。


中は正面からすぐ右側にストック。
これは地下と繋がっているコンベア型です。
包装が未だなのは・・・お客様が来てから包装したり、そのままだったり・・・。
国民性でしょう・・・。

s-IMG_0629.jpg


中央にカウンターがあり、その横がすぐにプレス機。

s-5aSecプレス機


シャツもスラックスも上着も全て同じプレス台&ハンドアイロンです。
全点フルアイロンですから、生産性はお世辞にも良いとは言えませんが、
全点フルアイロン仕上げ・・・これも国民性だと思いますが、
仕上がりは・・・日本の方が上だと思います。

機械はミニのパーク機2台と写真のミニ水洗機が2台。

s-5aSec水洗機


ボイラーは無く全て電機によります。

こちらの店舗で年間9万ユーロの売上だそうで、
こちらは1ユーロ=170円ぐらいで計算しないと経営が危ぶまれますね。


2軒目の5aSec

こちらはパリの中心に近いところにある古めのお店。

s-5aSec2店目


料金は
3€、4.5€、5.5€の3段階
これは周りの競合店に対抗するためにこうした価格にしているそうです。

中はフランスらしい?豪華なつくり

s-5aSec2軒目内


機械等は基本的に同じでしたが、
伺ったときは受付1人、作業1人の2人体制でした。


両店舗ともに
・ユニットショップ
・2~3人での運営
・段階性のわかりやすい料金体系
・クイック
・愛想の良い受付スタッフ
といった内容でしたので、
機械選定も含めてトータルにシステム化出来ているように思います。
ここがこのフランチャイズの強みではないかと思われます。















欧州視察① フランスのクリーニング現状
何回かに分けて先週行ったヨーロッパ視察についてアップしたいと思います。

まず第1回目はフランスのクリーニングの現状

s-フランス経営者


説明してくれたのが右の5aSecフランチャイズチェーン31店舗のオーナーと左は日本で言うなら全ドラの関さんのようなクリーニング新聞社の社長です。
(5aSecは世界に1700店舗、フランスに350店舗。なぜ350店舗も出せたかというと高齢者が経営している老朽化した個人クリーニング店を譲ってもらって自分たちのやり方で再生させているようです。)


●フランスのクリーニング施設数は9200施設
 内訳 ドライクリーニング(一般クリーニング店) 約5700軒
     コインランドリー               約3000軒
     リネンサプライ                約600軒
 ※日本と同じようにコインランドリーの数が増えているそうです。
   ⇒これはクリーニングを出せない層(移民労働者)が増えているからだと予想します。
 ※ドライクリーニング店の99%はパーク機を使用

●1995年までクリーニング店は良く儲かったそうです。
  ↓
・低価格(5aSecのような均一店など)&新システムの店舗の出現
・パーク等の規制強化
  ↓
個人店が潰れ、安売り傾向に
 ※これも日本と同じです。

●日本と同じでクリーニング売上は減少傾向
・ドライ点数減少
 「24歳~35歳の若者」⇒携帯電話等他の出費が嵩む
 「55~64歳の年配者」⇒フランスでは55歳以上の2/3は働かない

●フランスでは直営店がユニット店に変わったそうです。
理由=納期遅れなどが頻発したため(これは国民性でしょうね)


★私の感想

地下鉄に乗ってみてわかったのですが、地下鉄で通勤しているような人たちは基本的にドライクリーニングを必要とする服装は着ていません。
人口6400万人で年間クリーニング需要が1200億円程度(人口換算すると日本の約半分でしょう)は理解できました。
日本でもあまり移民が流入しないと仮定しても所得の2極化等により、低所得者層が増え段々このような形になるのではないかと安易に予想できます。

今後ユニット店など定価ベースで商売をする場合は、大都市圏の所得層の比較的高い地域しか長い目で見た場合に商売が成立しない方向に向かうでしょう。








大阪は厳しい・・・
今朝は大阪で店長会議でした。

6月は参加10店舗中8店舗が大きくダウン
店長会議を始めて約4年。
こんな数字の悪い月は初めてです。

スタグフレーション(不況下の物価上昇)の影響により、
消費者がかなり財布の紐を締めてきているようです。


20080711151037


6月はクリーニング業だけに関わらず他のサービス業も悪いのではないかと予想されます。
なぜこういう数字になったのでしょうか?
一つにはバブル崩壊後の消費不況時(デフレ時)のように
「明日がどうなるかわからない。」という不安感がそうさせているように思います。

ここ大阪ではTV、新聞の各メディアは「悪いニュース」のオンパレード。
平松大阪市長、橋下大阪府知事を中心としたの財政再建⇒経費削減問題ばっかり。
否が応でも財布の紐が固くなります。

日本国民はバブル崩壊後に支出を抑え絶え忍ぶことを経験しました。
今まさにその時の経験が再び蘇ってきているようです。

ちょっとオーバーかもしれませんが、
それほど今月の数字は悪かったということです。
我々も気を引き締めて参りましょう~!



店長会議 広島
20080709235713
今日入り広島にて店長会議。繁忙期も終わったのでいつもと趣向を変えて夕方スタートで最後は飲み会です。

いつもの会議と違い普段聞けない話を沢山聞くことができたので非常に有意義でした。

でも各々の家庭で色々とありますねぇ~。
6月の売上速報
ロンドンから帰って皆さんの売上を拝見すると・・・。

やっぱり厳しいです。特に大阪は悪いです。

前年比86~100以下がほとんどです。

新たな局面に入ってきたようです。

研修日
20080706214327
昨夜無事帰国致しました。(大袈裟)

今日は当社クリーニング店の研修日。時差ボケで頭が回りません。。 。

ユニクロに数年パート経験の方がいらして、『ベスト・スマイル賞3万円!』とのこと。

早速、当店も採用。今後のモチベーション・アップが楽しみです。
ジーブス工場
20080704205505
朝から英国皇室御用達ジーブスの集中工場にきています。

・工場内スタッフの誰もが不良品?と思ったらはねる権利がある。
・検品ポイントが6箇所もある。
・バックル、飾りボタンなど全て外して再取付
など撤退して高品質を追求されています。

料金はスーツ上下30ポンド(1ポンド=200円なら6000円、円が安すぎなので100円換算なら3000円)

『高品質&高価格』
今後ユニットはこうした方向に向かわないといけません。
イギリスに入りました。
夕刻にフランスをユーロスターという列車で発ち、ドーバー海峡を地下トンネルで通過し、イギリスに入りました!!
ラグーン研修センター
20080703011841
エレクトリック社のスーツなどドライ品を水洗いするラグーンシステムの研修センターを見学させていただきました。

ここでは日本のクリーニング学校のようにフランスでラグーンシステムを採用しているお店のスタッフを年間を通じて訓練しています。

プレス台&電蒸アイロンでフルタッチで仕上げますから点数を追うのは厳しいようです。

が、こうした教育への取り組みは今後ますます日本でも必要でしょう。
パリクリーニング店見学
20080702021232
パリのクリーニング店5aSECを見学しています。
5=5段階料金、aSEC=クリーニングという意味のユニットショップのフランチャイズチェーンでフランスに350店舗、全世界で1700店舗もあるそうです。

クイック&5段階のやや安めの料金で経営者と店舗が老朽化したクリーニング店の経営権を買い取り再生しているようです。

フランスも日本と同じく「パパ&ママ」ショップがこうした店舗の低価格戦略に破れ、廃業が相次いでおり、よってクリーニング市場も縮小傾向のようです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。