クリーニング店専門コンサルタントのブログ
クリーニング店専門コンサルタント株式会社マグネット 原田 誠のブログです。 クリーニング・コンサルタントの仕事やクリーニンググ店舗、趣味のランニングでの出来事などをクリーニング店様向けに語ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大震災募金
当社店舗では大震災被害者へ
・クリーニング品1点につき1円
・ハンガーリサイクル5本毎に5円
を義援金としています。




箱を置いているとお客さまもおつりの小銭を入れて下さいます。

私もランニング1キロにつき10円というのをしていますので、
 4月分 115キロ
 5月分 190キロ
店舗の義援金箱へ入れさせていただきました。

関西にいると節電も余り関係ないので震災の事を忘れてしまいそうになります。
忘れたらあかんね。




スポンサーサイト
遅い夕飯

あるところから「クリーニング業界の現状をレポートして欲しい」と依頼があり執筆(大袈裟!)しています。

昼間はクリーニング店もやっているし、電話やら来客やらで中々集中出来ないのでスタッフが帰ってからの仕事になります。

今週は100キロマラソンあり、1日プレス作業あり、外注先の指導ありと少し慌ただしかったので頭が冴えにくい状態のようです。

もう少しで完了ですがはたして目がもつかどうか…。

※セブンイレブンのカレーは抜群に旨かった!
九州南部で梅雨入り
今日九州南部で梅雨入りしたらしい。

    梅雨入り 梅雨明け
平年 5月31日ごろ 7月14日ごろ
昨年 6月12日ごろ 7月20日ごろ

だそうなんで8日も早い!
今週は関西も天気が悪いからひょっとして梅雨入りかも?
せっかく関西は4月5月といい調子だったのでこの梅雨入りは痛い。
まさしく水を差されますね。

GOAL!

今回はしんどかった…

11時間59分41秒

明日の筋肉痛が怖い。
淀川100キロマラソン♪

おはようございます。

今日は淀川100キロマラソンに出場です。

朝6時30分スタート!です。

大雨の昨年は11時間44分でゴールしましたが、さて今年はどうでしょう?

5回目の100キロ完走をめざして頑張って走ってきま~す!!
ベンチマークミィーティング
今日は当社主催勉強会「ベンチマークミィーティング」の日

4月までの売上や経費を7社で比較し合います。




関西以西は震災の影響もなく、3月(小幅ダウン)4月(アップ~大幅アップ)5月(100%超)と概ね順調に推移しています。

残る6月の数字がどうなるかがポイントです。

頑張りましょう~!
遂に出た!
関与先ユニットショップ単店で4月の売上1,000万円超え!!

頑張っているお店には不景気は関係ありません!

求人広告の成果
先日アップした求人広告の結果が出ました。

4月に入り
1回目 中年男性からの電話がジャンジャン(女性ゼロ)
2回目 女性からの電話1本だけ(面接せず)
という状況で

必死で文章を考えた末の結果は

10人以上から問い合わせがあり、3人採用~♪

という嬉しい結果です。

採用者から聞くと
「書いていた文章から店の雰囲気が伝わり応募したいと思った」とのこと


ちなみに文章は
「有線から流れる洋楽と柔軟剤(ダウニー)の香りが心地よい木目調のおしゃれな店舗です♪」を書き足したり

「要普通免許」を「要普通免許(オートマ限定免許可)」にしたり

キャッチコピーを
「新しいランドリースタイルがココに!お忙しいお客様に代わりあなたの出番」から
「南堀江オレンジストリートのおしゃれなコインランドリーで働きませんか」に

やっぱり何事もど真剣に取り組まないといけません。
経費の無駄遣いをしました。反省です。


黒はやっかい3
黒色続きです・・・

お客様から「黒の麻のスーツの上下の色が違う!」とのクレームを頂戴しました。
・お客様はショップでスーツとして同時に買われた
・クリーニングには同時に2回ほど出した
ということです。

私が見たところ品番も似ておりスーツで販売した商品かな?とも思ったのですが、
当店では同時にドライクリーニングしたようですので、
・パンツとジャケット別々の製品
・上下同じだが製品ロット違いでの色差
などの可能性を考えメーカー送りに




マーカーからの答えは
・1年違いの別商品であること
・スーツでは展開していないこと
・しかし売り場で同時期に販売しており、販売員はスーツとして売った可能性も否定できないこと
というものをいただきました。

お客様はスーツとして買われたそうなので、後はお客様と販売店との話になりました。

黒は色々難しいですね。
黒はやっかい2
またもお客様から有り難いクレームを頂戴しました。
「黒のスーツをクリーニングしたら色が薄くなった。」というもの

お品物は女性用の黒のパンツスーツで若い営業系の女性が良く着ているものです。
素材はレーヨン63%、ポリエステル32%、ポリウレタン5%

当店での処理は「石油系ドライクリーニング」でしたので
私が考えたのは
 ①レーヨンの染色堅牢度かソーピング不足
 ②ポリエステルから分散染料の溶出

ということでゾールの新液をビーカーに入れ

110502_091505.jpg

袖口を10秒ほどその中に入れ上下してみると・・・

110502_082913.jpg

明らかに色が出ています。
最近事故の多い②の方ではないかと思います。

最近のポリエステルは繊維の構造が複雑になり断面積が多くなり、それだけ多量の分散染料が必要になっています。その分繊維にしっかりと吸着していないものも多く、それがドライで出て黒色が少し薄くなったのではないかと思われます。

これはメーカーと相談になるでしょう。


黒はやっかい1
当社クリーニング店にて
「黒色のカシミヤのショールの風合いが変わった!!」とお客様からクレームを頂戴いたしました。

報告を受け私がそのお品物に触ったところ・・・
????
手触りが何んか変です。

カシミアの柔らかさがなく、バシバシになっています。
アクリルと間違ってしまいそうな手触りです。
洗濯表示はなく、ブランド(ブランド品ではない)ラベルに
  made in England
  100% cashmere
  dry clean only
の表示があるのみです。

手触りが変ですが、まだ調査をする段階ではないので風合いを戻すために
 シリコン成分の多いドライソープ(当店ではDX用のバッチ洗いに使用)
 流動パラフィン
をゾールで割ったものに漬け込みました。

するとご覧のように




カシミア100%から色が出ました。

私はドライ(石油)で毛織物から色が出たという経験がほとんどありません。
風合いのバシバシ感とドライで色が出たということから推測すると

・カシミア100%ではなくアクリルなどが混ざっている製品で染色堅牢度が低い
 数年前に話題になった「カシミア100%表示品が実はアクリル100%だった」といった類
・カシミアの縮絨(毛織物の仕上げの工程で、組織を緻密にし、また毛端を絡ませてフェルト状にすること。)不足

大阪繊維商品めんてなんす研究会の詳しい方の話では、最近はカシミア不足からカシミア100%の商品がほとんどなくなり、それに色々混ぜた上に艶や風合いを向上させるための加工剤を塗ってそれらしく商品化しているものも多数出回っているとのこと

その場合はドライをしただけで風合い向上の加工剤が除去され、風合いがなくなってしまいます。

お客様との解決はまだですが、もし解決の方向に向かわない場合は商品の品質を精査したいと思います。

皆さまもご留意ください。

※この場合、黒は関係ないですね。
4月の売上速報
4月は3月があまり良くなかったことと昨年の4月が悪過ぎたことがあり
非常に良いところが多くなっています。

120%前後のところが多いようです。

ただここ1,2年の傾向として普段からしっかり努力している店舗にお客様は集中しているようです。
昔ながらのやり方、10数年前に成功したやり方などを継続している変化のない店舗は厳しくなってゆくでしょう。

昨年は5月が良かっただけにこの繁忙期も3~7月のトータルでみることが必要です。

頑張りましょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。