クリーニング店専門コンサルタントのブログ
クリーニング店専門コンサルタント株式会社マグネット 原田 誠のブログです。 クリーニング・コンサルタントの仕事やクリーニンググ店舗、趣味のランニングでの出来事などをクリーニング店様向けに語ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DICカラーガイド



これを見たことありますか?

大日本印刷から出ている「DIC(ディック)カラーガイド」というものです。

これは
印刷会社やデザイナーなどの間で色の指定や色合わせに利用される代表的な色見本帳である。DICカラーや、単にDICとも呼ばれる。
色は、マンセル・カラー・システムやオストワルト・カラー、PCCSの色相環を元に、系統的に分類、配列され、カラーナンバーと色相、インキの配合比率が表示されている。色の印刷方法は特色で、実際の印刷の際に同じ配色を用いれば限りなく近い色を再現することができる。
 以上Wikipediaより

つもり、チラシを作るときの色の品番帳です。
印刷屋さんに「もっと明るめの赤色で」と注文をすけると印刷屋さんはこの見本帳をみて適した色を見つけてくるわけです。
ですので、どうしても印刷屋さんが作ってきた色が気に入らなければ「DICの見本帳を持ってきて」といえば、持ってきてくれるはずですので言ってみてください。

当社でもクリーニング店のチラシを作っていますが、
私が色に注文をつけた時には「じゃーDICの×××番でどうでしょう?」というやりとりをしています。

では、今から私は電照看板の色をこれで指定します。
(電照看板に使うカッティングシートには別の見本帳があります。でもDICナンバーを言うとそれに近い色であわせてくれるので出来上がりがほぼイメージ通りになります。)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haradamagnet.blog71.fc2.com/tb.php/1012-9d19db61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。