クリーニング店専門コンサルタントのブログ
クリーニング店専門コンサルタント株式会社マグネット 原田 誠のブログです。 クリーニング・コンサルタントの仕事やクリーニンググ店舗、趣味のランニングでの出来事などをクリーニング店様向けに語ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリーニング師試験対策
当社クリーニング店の店長畑くん、パートスタッフのKさん2名が2月19日の奈良県クリーニング師試験を受験します。

ワイシャツ濡れがけの実技試験の練習をしないといけないのですが、当社店舗には平台も電気アイロンもありません。なので平台はステップさんにお借りして、電気アイロンは資材商さんに頂戴しました。




来週から筆記試験と実技試験の勉強を始めます。

当社店舗ではチラシやHPに「クリーニング師○名」「TES○名」と入れたり、顔写真も載せます。
またクリーニング師はユニットをオープンする時にスタッフの免許を使用します。
ですので昨年より「資格給」を給付しています。
TES(繊維製品品質管理士)   5,000円
一級染色補正師          5,000円
クリーニング師          3,000円
CA(クリーニングアドバイザー) 3,000円
といった内容です。
※チラシやHPに載せて欲しくない場合は支給はゼロです。

TESよりクリーニング師の方が額が低いのは合格ハードルの高さの問題
ハードルが高いほど金額設定を高くしています。

2名とも合格して欲しいですが、
なぜ今の時代にどこのクリーニング店も使っていないようなレバー式電気アイロンの濡れがけなの?
は、クリーニング業界の皆が思っていることですね。

アイロン実技ではなく、ファッションの問題や生地の見分け方、洗濯表示などCAやTES試験とダブりますが、
試験内容を難しくしてでも異業種や若い子が参入しやすい状況を作り、業界を活性化してゆくべきだと思います。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haradamagnet.blog71.fc2.com/tb.php/1084-ba6167ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。