クリーニング店専門コンサルタントのブログ
クリーニング店専門コンサルタント株式会社マグネット 原田 誠のブログです。 クリーニング・コンサルタントの仕事やクリーニンググ店舗、趣味のランニングでの出来事などをクリーニング店様向けに語ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
業界新聞を読みましょう。
小康を保っていた建築基準法違反の問題ですが、
徐々に「建築基準課の方が来られました。」という話を耳にしています。

何度かこのブログでも書きましたが
・建築基準法施行前からそこで商売をしていた
・用途地域が無指定の地域である
・パークを使用している
店舗は、石油機が置いてあってもほぼクリアしているようですが、
石油機で近隣商業地域、住居地域のところはしっかり調査をされます。

先日ある地域で他者からユニット店を買おうとした方がおられたのですが、
保険所に伺いに行くと「まず建築基準課の審査が済まないと許可を下せない。」ということでした。
ひょっとすると個人事業主の場合、親子間でも事業継承が難しくなるかもしれません。

それと一番の問題は各都道府県によって対処の仕方が違うこと。
ある町では「日本全国同じ対応です。」とお役所の方が言うので
業界新聞の切り抜きを見せ、各都道府県の対応の違いを指摘すると頭を抱えたとか。

ですので、自社が建築基準法違反であるところは他地域の事など情報を得ておく必要があります。
その情報を得るのに一番適しているのは業界新聞です。
購読されていないところは、自店の建築基準法問題が解決するまででも購読されることをお勧めします。

私は全ドラニックリの2紙しか読んでいませんが建築基準法問題は全ドラさんの方がしっかり記事にされているように思いますのでお薦めです。




※クリーニング・アドバイザー関連の情報ならニックリさん
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haradamagnet.blog71.fc2.com/tb.php/1180-dad66a96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。