クリーニング店専門コンサルタントのブログ
クリーニング店専門コンサルタント株式会社マグネット 原田 誠のブログです。 クリーニング・コンサルタントの仕事やクリーニンググ店舗、趣味のランニングでの出来事などをクリーニング店様向けに語ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毛玉取り器による穴あき
この時期、頻繁に電動毛玉取り器を使っていらっしゃる店舗も多いと思います。
当社店舗もその一つ。

スタッフが一生懸命に毛玉を綺麗にしようと思って頑張った結果・・・

20080407110205


こんなに穴が空いてしまいました・・・・。

ウール&レーヨンの混紡品でしたので、ウールだけなら簡単にカットできたかもしれませんが、
レーヨンによって引っかかり、歯への巻き込みが多くなったのではと推測します。

毛玉取り器はこうしたことが起こらないように生地から歯までの間隔を開けれるようになっています。
今回は一番良くカット出来る「低」の状態になっていたのも事故の原因の一つ。
なので、これは穴を空けたスタッフの使い方が悪ったのではなく、
当店の毛玉取りに対するマニュアル、店内ルールの不良によって起こった訳です。

で、この事故を経験に
・ウール製品は面倒でも馬蹄形の毛玉取りを使う。
・電動毛玉取り器はポリエステルなど合繊専用とする。
・電動毛玉取り器の生地までの間隔は「高」でセロテープを貼って固定する。
といったことに店内ルールを統一しました。

皆さん、お気をつけ下さい。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haradamagnet.blog71.fc2.com/tb.php/534-44df9d76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。