クリーニング店専門コンサルタントのブログ
クリーニング店専門コンサルタント株式会社マグネット 原田 誠のブログです。 クリーニング・コンサルタントの仕事やクリーニンググ店舗、趣味のランニングでの出来事などをクリーニング店様向けに語ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
欧州視察②~5aSec
5aSec サンカセックと読みます。

最初に訪問したのは、比較的新しいユニット店舗。

s-5aSec外観


80歳のおばあちゃんがやっていたクリーニング店の権利を買いオープンしたそうです。

価格は
s-5aSec料金


2.9€  シャツ類        493円(1ユーロ=170円なら)
4€   スラックス・スカート 680円 
5€   ジャケット       850円
6€   ブルゾン       1020円
7€   コート         1290円
5段階料金です。
ちなみにフランスではワイシャツというものはなく、全てハンドアイロンのシャツ仕上げです。

ランチのパスタ1人前が13ユーロ(水、サービス料別)でしたので、
1ユーロ=170円は高すぎます。パスタの値段からすると100円以下でしょう。

すると・・・
2.9€  シャツ類        290円
4€   スラックス・スカート  400円 
5€   ジャケット        500円 (スーツ上下900円)
6€   ブルゾン        600円
7€   コート          700円

「安売りの隆盛で個人店が潰れていった・・・」ことを考えるとこれぐらいに換算するのが妥当かもしれません。


中は正面からすぐ右側にストック。
これは地下と繋がっているコンベア型です。
包装が未だなのは・・・お客様が来てから包装したり、そのままだったり・・・。
国民性でしょう・・・。

s-IMG_0629.jpg


中央にカウンターがあり、その横がすぐにプレス機。

s-5aSecプレス機


シャツもスラックスも上着も全て同じプレス台&ハンドアイロンです。
全点フルアイロンですから、生産性はお世辞にも良いとは言えませんが、
全点フルアイロン仕上げ・・・これも国民性だと思いますが、
仕上がりは・・・日本の方が上だと思います。

機械はミニのパーク機2台と写真のミニ水洗機が2台。

s-5aSec水洗機


ボイラーは無く全て電機によります。

こちらの店舗で年間9万ユーロの売上だそうで、
こちらは1ユーロ=170円ぐらいで計算しないと経営が危ぶまれますね。


2軒目の5aSec

こちらはパリの中心に近いところにある古めのお店。

s-5aSec2店目


料金は
3€、4.5€、5.5€の3段階
これは周りの競合店に対抗するためにこうした価格にしているそうです。

中はフランスらしい?豪華なつくり

s-5aSec2軒目内


機械等は基本的に同じでしたが、
伺ったときは受付1人、作業1人の2人体制でした。


両店舗ともに
・ユニットショップ
・2~3人での運営
・段階性のわかりやすい料金体系
・クイック
・愛想の良い受付スタッフ
といった内容でしたので、
機械選定も含めてトータルにシステム化出来ているように思います。
ここがこのフランチャイズの強みではないかと思われます。















スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haradamagnet.blog71.fc2.com/tb.php/586-a04781d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。